制作された映像のゆくえ|あれもこれも作ってもらえる!映像制作会社にお任せできること

制作された映像のゆくえ

パソコンを使用する男性

映像制作会社が手がけた映像作品は、完成したあとでどこで流れることになるのでしょうか?ここではそのゆくえについて説明したいと思います。
完成した映像、それがたとえばボールペンの性能を正しく伝えるコマーシャル映像であるとするなら、もちろん流れる場所としてはまず第一にテレビが考えられるでしょう。全国ネットのテレビ、あるいは地方ネットのテレビで放映することになります。
また、最近はネットを見る人も増えているということで、ネット上で公開するということも考えられます。自社サイトに映像制作会社によってつくられた広告映像をはめ込んでサイトを訪れた人が見られるようにするわけです。あるいは、街角で見ることができる街頭ビジョン、電車の車内に設置されたモニターで見ることができるトレインチャンネルなど、テレビやネットのほかにも映像制作会社のつくり上げた完成品が流される場はたくさんあります。最近では映画館で本編や予告編が上映される前にさまざまなCM映像が流れるという「シネアド」という取り組みも行われています。
より多くの人にボールペンの素晴らしさを知ってもらうために、ぜひそのような場所も活用してみましょう。

もちろん、映像制作会社は万人向けの広告映像だけでなく、たとえば発表会の会場で流す映像なども手がけています。
ボールペンの完成披露をするお披露目イベントで流す映像の制作を依頼した場合、完成した映像はそのような場で上映されるものとなります。